ストレス解消と言う観点からの運動

ストレス解消と言う観点からの運動

軽い運動は日常のイライラした感情を軽減するのに役立ちます。

 

 

20分以上の運動であれば十分ですが、きつい内容にしないことが
ポイントです。

 

 

ウォーキング、ジョギングだと無理なく取り入れることが
できるでしょう。

 

 

最初は軽く走る程度、日常運動をしていないひとですと
3分も走っているときつくなってきますからその段階では
迷わず歩きます。

 

 

歩くことで体が楽になったらまた軽く走ります。
辛いと感じたときは迷わず歩くことが大切です。

 

 

軽く汗をかくくらいの運動になればよいのですが
最初はあまり無理をしないほうが良いでしょう。

 

 

走る場所も公園など木々などの自然環境がある
場所ですとさらに有効です。

 

 

植物が光合成で発する酸素をより多く脳内に取り込めると
運動効果と相乗して有効に働きます。

 

 

運動によるイライラ解消は日常運動不足気味の人には向かない場合も
ありますが、体を動かすという行為はやりすぎなければ体の疲れを
取り除く効果がありますので負担がかからないということを
念頭に取り入れていかれてはいかがでしょうか。


inserted by FC2 system