スピリチュアルな視点からイライラを改善する

スピリチュアルな視点からイライラを改善する

大抵の人は、自分をイライラさせる原因が外側の
出来事にあったり、ある特定の誰かのせいであったりすると
考えているようです。

 

 

そして、下手をしたら四六時中そのイライラする事柄や
人物について考え続けているということもあるでしょう。

 

 

そういう時、あなたの心は常にそのイライラに無意識に向き、
エネルギーをそこに注ぎ続けているということになります。

 

 

スピリチュアルな視点からすれば、この世で起こる出来事、
あなたの見ている外の世界は、あなた自身の心が
反映したものなのです。

 

 

ですから、イライラした心で外側を見れば、更にイライラする
何かを見つけたり、新しい原因を作りだすことになるでしょう。

 

 

その証拠に、いつもイラついてる人というのは、常に何か
自分をイラつかせるネタを探しているかのよに見えます。
勿論本人にその自覚は一切ないでしょうが。

 

 

もう一つ、いつもイライラしている人の特徴に、自分が
絶対に正しいと思っている、というのがあります。

 

 

つまり自分は正しくて正義であり、それに反するものは
全て間違えで悪だという考えです。

 

 

二極で捉えたならば、正しいが存在するためには
間違っているものが存在しなければいけません。

 

 

ちょうど、コインの表があるなら同時に裏も存在してるのと同じです。
その自分の正しさを強固に握り締めている人ほど、
周囲の間違ったものに常に目を向けていることになるのです。

 

 

これでは、いつまで経っても世の中は自分をイライラさせるもので
溢れてしまいます。

 

 

そこで、一度外側ではなく内側の自身の心と向き合うことをお勧めします。
自分は何が許せなくて、何を信じているのか。何がここまで
自分をイラつかせるのかをじっくりと観察するのです。

 

 

中には凝り固まった正しさという名の観念や、意外にも
自身への憤りなどが現れるかもしれません。

 

 

かといって、スピリチュアルな精神性に固執し、
常に正しくイライラしないでいようとする必要もありません。

 

 

ただ自分の感情、沸き上がる怒りに対して、
傍観者となれば良いのです。


inserted by FC2 system